FXの自動システムトレード



hyre FXは通貨を銘柄にした金融商品であり、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用し、異なる2つの通貨のペアを互いに売買しあいながら、その為替差益を求めていく投資取引になります。

相場のレート変動を利用した取引には、冷静さが必要であり、それを欠いてしまうと大きな損失を招いてしまうこともあります。
とくに、自身の資金を投入し、目の前の為替レートの秒単位で変動していく数値に左右されながら、その価値が減ったり増えたりを繰り返してしていく様を見つつ、自らの手で決済の注文を入れて、その利益や損失を確定させるという行為は、想像以上に神経をすり減らしていく行為となります。

こうした心理的な重圧を回避し、冷静な判断で投資取引をつづける方法に、システムトレードという投資手法があります。
これは、自分が行う一連の投資を、分析と予測、新規注文の価格から、決済を入れる利益幅と損失の額など、冷静な状態の段階ですべて決定してしまい、実際の投資には、一切のその場の心情を挟まずに、取引を行っていくという方法です。

システムトレードを使っていけば、初心者の投資家であっても、冷静に投資取引を行えるために、非常に有効的な取引手法と言えるでしょう。

現在のFXでは実際の取引において、多くの場合はパソコンやモバイル機器、スマートフォンなどを用い、取引システムツールのソフトを使って投資を行ってます。
このために、近年ではこのシステムツール内に、先のシステムトレードをプログラム化して組み込んでしまう、自動システムトレードが主流になっています。

これにより、より感情や状況に振り回されることなく、さらには忙しい投資家に代わってプログラムが自動的に投資を行ってくれるようになりました。
もちろん、自動で取り引きを行いはしますが、もととなる分析や予測、利益と損失のバランスなどは、繰り返し取引を行いながら調整が必要でしょうし、長期的な為替市場の傾向の変動によっても、ずれが生じてきますので、自動で投資を行ってくれるとはいえ、頼りきりにしないことをお勧めします。