FXは資産運用にもってこい?



最近では、FXをつかって資産運用をする人が増えてきました。一部ではFXは大変にリスクが高いという噂もありますが、リスクを覚悟してリターンを狙う投資家にとってはもはやFXは決してはずせない選択肢になっています。リスキーであるとむやみに避けるだけでなく、なるべくリスクをとらずにFXを続ける方法があればいいわけです。

そこで登場してきたのが、海外FX会社をつかう方法です。海外FX会社は日本のレバレッジ規制に引っ掛かりませんから、上限がもっと上になります。少額の資金で勝負しようという個人投資家にはうってつけの方法ですね。またほとんどのサービスは日本語で行われるので、海外FX会社を使用する際には大きな違いがありません。

ただし入金方法だけは多少国内会社とはことなってきます。国内のFX会社への入金は、ほとんどの場合銀行送金になります。海外FX会社への入金も銀行を使う場合もありますが、それ以外のルートもあります。

まず銀行経由の場合は、海外送金という形になります。公言されていないのですがYBINARYのように実は国内送金でめちゃくちゃ簡単に入金や出金ができる業者もあるはあるんです。利用金融機関によってはインターネットバンキングを使えることもありますし、実店舗の窓口へ出向かなければいけないこともあります。自分が使っている金融機関に確認をしましょう。銀行を使うメリットは、比較的高額な送金ができるということです。ただし手続きに各種書類や身分証の提示が必要だったり、手続き後に入金されるまで日数がかかる点がデメリットです。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////hureオンライン取引の人気上昇とスタンダード化にともなって、数多くのバイナリーオプション業者がサービスを展開している昨今ですが、24オプションはその中でも実績の確かな有名バイナリーオプション業者といっていいでしょう。新鋭の業者にも利用価値はありますが、初めてバイナリーオプションにトライするなら、実績を重視して選ぶのも手です。

バイナリーオプションはルールのシンプルさから、恐らく取引事態が全く初めてという方でも、すぐに慣れるはず。ですが、何事も初めての時には不安もつきまといます。24Optionのサポートは24時間対応で、かつ全ての手段が日本語でok。ちょっとした疑問から、取引に関するアドバンスの質問まで、チャット、メール、電話の3つの方法でサポートを受けることができます。同じバイナリーオプション業者としてここでもう一つ手短に紹介したいのがバイナリー88です。24オプションと並んで知名度がグングン上がって来た業者です。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
gtt海外に拠点をもつFX業者アイフォレックスは、日本でのサービスを他の海外業者に先駆けて始めた会社のひとつで、日本語サポートなど日本向けのサービスが充実しているのが特長です。また、口座開設のスピードにも定評があり、メールアドレスなどの連絡先とクレジットカードのみの準備で公式ホームページからすぐに口座開設ができるので面倒な手続きが一切不要です。また入金後もすぐに口座に反映されるので、スピーディな取引開始でスムーズな投資を始めることができます。

海外の業者ではサポートなどの言語に不安がありますか?前述のとおり日本でのサービスの長い経験から、アイフォレックスでは口座開設から入金、取引にいたるまで全てのステップで日本語サポートが受けられるようになっています。ですので国内の業者とかわらぬ安心感で取引をすることができるのです。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
77ペッパーストーンはSTPタイプのブローカーなため、「メジャーな通貨ペアのスプレッドの平均が低め」というのが一番最大のメリットです。当然、アジアで早朝の時間帯の平均スプレッドも非常に低くなっているのです。これはマーケットメイカーでよく見られるVIP口座と呼ばれる口座のスプレッドよりも低く、ECNやSTP、NDDにおいてこの低スプレッドは非常に好条件であり、かなり良い勝負が出来ると思われます。

ペッパーストーンではこのぐらいの規模を持つFX業者のなかでも非常に珍しい、パスポートや公証などを全く使わない口座開設が可能な業者なのです。登録時に住所氏名の英訳の必要さえもないのです。実際、検証のために口座開設をしたときも、免許証や公共料金の明細に英訳をせずにアップロードしてみたのですが特に問題なく開設が完了しました。ペッパーストーンだとキャッシュバックが無いとお思いの方も多いと見受けられますが、The Asian Groupを経由するとキャッシュバックを受けることが出来ます。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
gteFX業者では、必ずといっていいほどボーナスを用意しています。ボーナスの出し方は、キャンペーン期間中だけの会社やいつも初めての入金にプレゼントボーナスを出す、といったところまで色々ですが、XMの場合はどうなっているのでしょうか。

XEMarketsでは、初回の5ドル相当以上の入金に対して30%、そしてなんと追加入金についても同じ割合、30%のボーナスが支払われます。どちらもボーナスは1万ドル相当までと上限がついていますが、それでも十分なアドバンテージには違いありません。

ボーナスは手続きなしに、どんな口座タイプを選んでいても入金され、取引資金として使うことができます。約500円という少額入金から付与される点も注目です。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



ほとんどの場合は入金までに3~5営業日かかることになるので、手続き日を考えてやらないと実質1週間ほどもかかるケースもあり得ます。時間がかかるというのはスピードが命のFX取引に置いては、手痛いデメリットです。さらに手数料が数千円単位でかかりますので、コストパフォーマンスがとてもいいとはいえない方法です。

海外FXを利用する人が最もよく使っているのが、クレジットカードによる入金です。日本国内では使われない方法なので、ちょっとびっくりしますね。カードを使うメリットはほぼ即時に入金されることと、手数料がかからないという点です。手軽で、すぐに資金を利用できるため海外FX会社への入金方法としてはもっともよく使われています。デメリットは個人情報のセキュリティに関することでしょう。

しかし世界の金融機関における個人情報管理は、たいへんに厳格な場合が多いのでさほど心配する必要はないかと思われます。こちらは各FX会社について口座開設前に入念にチェックしておくことである程度は防げます。

どちらをとるかはその時のケースによってメリットが違います。複数を使い分けるようにすればいいでしょう。

新しいネットビジネス

かつてアフィリエイトくらいしかなかったネットビジネス界も、ネット環境が整備された現在ではさまざまなチャンスが生まれています。
新しいネットビジネスの例として、いくつかの具体的な方法を紹介いたします。

1.クラウドソーシング
Webサイトを通して在宅の仕事を請け負う方法です。
ちょっと前は在宅ワークやSOHOと呼んでいましたが、徐々にクラウドソーシングという言い方が一般的になってきました。
文章、イラスト、データ入力、テープ起こしなどの出勤不要な、比較的容易にできる仕事を外注で手伝います。

2.電子書籍の販売
紙を中心にやりとりされていた文章や絵といった従来のコンテンツも、今は徐々にネットでの公開に移行しています。
この傾向に合せて、プロ以外参入が難しかったコンテンツ販売の分野に、素人が関わるチャンスが生まれてきました。
小説やマンガ、役に立つノウハウといったオリジナルコンテンツを、紙媒体ではできなかった低料金、サイトによっては無料で販売することができます。

3.画像や写真の販売
自分で作ったデジタル作品を販売する方法です。
ラインスタンプのようにアカウントを持っているだけで気軽に公開し、収入を得ることも可能です。
写真好きなら自分が過去に撮った写真を売ることもできます。
サイトとしてはPIXTAが有名です。販売までの審査はそれなりに厳しいですが、自信がある方はチェックしてみてください。

4.動画投稿
ユーチューブなどの動画シェアサイトには、動画再生に応じて広告収入を得る仕組みがあります。
HIKAKINのように、自分自身がコンテンツの一部となって収入を得るユーチューバーという人達も今では有名になりました。
本人以外でも、猫や犬といったペット、キャラクターグッズ、お菓子など、シェアサイトで人気が出る動画はいろいろあります。
何がウケるかはあまり深く考えず、まずは日常で気軽に撮った動画を投稿してみてはどうでしょうか。
思わぬヒット動画に発展するかもしれません。

5.アプリ、ネットサービス制作
やや難解なネットビジネスがプログラミング技術を利用したアプリ制作、販売です。世の中には中高生でもアプリで稼いでしまうように、熱意によってはどんな人にでも資産を築ける可能性を秘めています。
興味がある方はまず、JAVAといったメジャー言語の基礎から勉強を始めましょう。
JAVAなどの技術はWebサイトに用いることも可能なので、売れそうなアプリのイメージが湧かない場合は、役に立ちそうなネットサービスを考えてみるといいでしょう。

主な新しいネットビジネスについて紹介しました。
ネットビジネスには向き不向きがあると思うので、むやみにあれこれと手を出さず、なるべく自分にあったビジネスを選びましょう。